派遣会社の面接のコツ

派遣会社の面接について

派遣先での面接の流れ

派遣会社に登録をしますと、大手の場合、派遣会社とまずは面接がある事が多くなります。
その場合の面接は、派遣会社との面接であり、スキルテストや、自己紹介、履歴書の提出、働ける状況を確認する、と言った一般的な事案が聞かれることになります。
希望の職種や、希望の勤務地、働ける時間帯など、求職の要件を尋ねられますので、柔軟に答えられるように用意しておきましょう。
この、派遣会社との面接、の時に仕事が決まる確率は、残念ながら高くありません。
しかし、せっかくの面接ですから、最も良いと思われる状況で挑戦しましょう。
面接の練習にもなるので、気を抜くポイントではありません。
好印象を与える衣装を選んで着用していきましょう。
ご自身のスキルや資格を書き出して、派遣元にきちんと登録するように心がけましょう。
そして、ご自身が勤めたいと思われているジョブのスタイルで、面接に挑まれる事をおすすめします。
スーツでお仕事したい、と思われている方は、派遣が元との面接時もスーツ、もしくはそれに準ずる衣装を用意しましょう。
カジュアルを希望される方は、そのような衣装で挑戦してみましょう。
派遣元のコーディネーターとの面談が終わりますと、営業に引き継がれます。

派遣先での面接のコツなど

派遣会社との面接が終わられた場合、派遣元の営業から派遣先との面接の連絡が来るようになります。
これは、実際の派遣先との面接ですので、気合を入れてまいりましょう。
衣装は、先ほどと同じく、ご自身が勤めたいスタイルで挑戦しましょう
オフィスワークで最も好印象を持たれる衣装は、オフィスらしいスーツとされています。
派遣会社の営業から、面接の連絡が有った時に、スーツの方が好まる会社かを尋ねてみるのも良い方法です。
派遣先の面接は、すでに、派遣が決まっていて、一応会ってみるだけ会ってみる、という簡単な面接と、他の派遣会社と、人材がはかりにかけられている、競合の場合があります。
競合の面接かどうか、派遣元の営業に確認しておきましょう。
競合の場合、相手に勝つ必要がありますから、最も良い状態で参加する方が良いでしょう。
逆に、すでに、派遣が決まっていて、派遣先が一度会ってみたいと思っている、程度の面接でありましたら少し肩の力を抜いても大丈夫です。
良い人材を求めている会社でありましたら、殆んどの場合は競合で、複数の派遣会社と面接を行っており、最も優れた人材と思われる方が採用されることになります。
派遣会社の営業は、派遣先を迅速に手配することができますので、営業とのつながりを大切にしましょう。

派遣先での面接の体験談(失敗・成功談)

派遣先での面接の体験、失敗談、となりますと、先ず、派遣先の担当者と競い合ってはならない、ということです。ご自身がもし、高いスキルをお持ちになっていても、担当者を負かしてしまっては、失敗となる事が多いのです。好印象をも持たれることが成功への近道なのです。
スキルをアピールしつつ、控えめにする、という能ある鷹は爪を隠す、という要領と、相手を立てる、という技が役に立ちます。
弁護士の先生に、派遣会社の営業が、スキルを披露した時に、先生を負かしてしまい、採用に至らなかった、という事がありました。
そして、成功の近道は、派遣先にふさわしい服装で行くこと、自己紹介を求められた時に、経歴をスムーズに言えるように、履歴書や、職務経歴書を自分用に作成して持参することです。
派遣会社の営業が、面接者の自己紹介をして下さっても、派遣先から改めて尋ねられる事が多いのです。
自分のスキルは、礼儀正しくアピールしましょう。
派遣先の会社のレベルに合わせてアピールすることが大切です。

 

関連記事:獣になれない私たち(けもなれ)の動画1話

 

経歴を並べ過ぎて、かえって印象を悪くして、採用に至らない事もあるのです。採用に至らない場合が失敗で、採用された場合が成功ですので、何よりも、先ずは採用されるように最善を尽くしましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ